民法 改正。 債務不履行による損害賠償請求および解除権に関する民法改正の内容と取引基本契約書の見直し

民法改正の概要から、基本的な内容とポイントを解説します【前編】

改正 民法 改正 民法 改正 民法

労働問題• 買主が取り得る手段• これは、当事者の行為(意思表示、契約)の時を基準とすることによって、新旧どちらの法律が適用されるかについての当事者の予測可能性を確保するという趣旨です。

12

民法(債権法)改正の解説66 [民法415条1項] 債務不履行の損害賠償|横浜の弁護士による無料相談|横浜ロード法律事務所

改正 民法 改正 民法 改正 民法

令和2年4月1日、ついに改正民法が施行されました。 改正民法の下では、このような条項がある場合でも、不履行の程度が軽微である場合には、解除権の行使が制限され得るように思われますので、注意が必要です。

12

民法(債権法)改正の解説66 [民法415条1項] 債務不履行の損害賠償|横浜の弁護士による無料相談|横浜ロード法律事務所

改正 民法 改正 民法 改正 民法

仮に契約書に記載されていない隠れた瑕疵(かどうかは今後問題にされない)が発見されても、事前にインスペクション(=専門家による建物の現況調査)によって特段の指摘がなく(仮に指摘があっても引渡しまでに補修すれば良い)、瑕疵保険に加入できる状態もしくは売主がコストを負担して瑕疵保険に加入済みであれば、追完請求にかかるコストを保険の適用によって賄うことができるし、このようなセーフティネット=保険も用意してありますから安心して買っていただけますよというアピールにすることもできるからだ。

2

請負に関する民法改正のポイント

改正 民法 改正 民法 改正 民法

新たな救済手段「追完請求」と「代金減額請求」 改正民法では救済手段のメニューが増えました。 すなわち、悪意・重過失の譲受人との関係で、譲渡制限特約付債権の譲渡は、無効です。 (併存的債務引受の要件及び効果) 第四百七十条 併存的債務引受の引受人は、債務者と連帯して、債務者が債権者に対して負担する債務と同一の内容の債務を負担する。

請負に関する民法改正のポイント

改正 民法 改正 民法 改正 民法

2 債務者が債権者に対して取消権又は解除権を有するときは、引受人は、これらの権利の行使によって債務者がその債務を免れるべき限度において、債権者に対して債務の履行を拒むことができる。 元榮太一郎• 譲渡制限特約について 悪意(=知っていた)又 は重過失(=知らなかったことに重大な過失がある)の譲受人に対しては、 履行を拒絶し、あるいは、譲渡人への弁済など 債務を消滅させる事由を譲受人に対抗することができる ただ、そうすると、譲受人が悪意・重過失の場合は、債権譲渡が有効であるにもかかわらず、債務者がいつまでたっても履行を拒み続け、その債権の実質的な回収が困難になりかねません。 成年後見の事務の円滑化を図るための民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律• まず、これまでの瑕疵担保責任は債務不履行責任とは別に、特に法律で定めた(重い)責任との認識が為されてきたが、今回の民法改正では債務不履行責任に考え方が一本化されたため、「責任の帰結」が従前と大きく変わることになった。

15

民法(債権法)改正の解説66 [民法415条1項] 債務不履行の損害賠償|横浜の弁護士による無料相談|横浜ロード法律事務所

改正 民法 改正 民法 改正 民法

このため、改正前は売主の帰責事由が不要でしたが、改正後は必要となりました。 他方、債権譲渡を望まない債務者としては、譲渡制限特約に違反した場合の違約金や解除についての特則を定めておく必要があるでしょう。 7-3.不法行為にもとづく損害賠償請求権 不法行為にもとづく損害賠償請求権の場合、不法行為時の法定利率が適用されます。

17

民法改正で瑕疵担保責任から契約不適合責任となって何が変わるか

改正 民法 改正 民法 改正 民法

H30. もっとも、これらは、強行法規に反しないかぎり、当事者の合意により修正が可能です。

13

民法(債権法)改正の解説66 [民法415条1項] 債務不履行の損害賠償|横浜の弁護士による無料相談|横浜ロード法律事務所

改正 民法 改正 民法 改正 民法

契約(債務不履行)責任説 売主は瑕疵のない目的物を引き渡す義務を負っており目的物に瑕疵がある場合には債務不履行となるところ、民法上の瑕疵担保責任は売買における債務不履行の特則であると考える見解。 代金の一部の50万円を支払った場合でも、一部の履行に該当します。

2

債務不履行による損害賠償請求および解除権に関する民法改正の内容と取引基本契約書の見直し

改正 民法 改正 民法 改正 民法

解除に関する改正 旧民法635条は、「仕事の目的物に瑕疵があり、そのために契約をした目的を達することができないときは、注文者は、契約の解除をすることができる。

9