フリウェル 配合 錠 ld モチダ。 低用量ピルについて

医療用医薬品 : フリウェル (フリウェル配合錠LD「モチダ」 他)

Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル

服用中に消退出血が2周期連続して発来しなかった場合、投与継続に先だって妊娠していないことを確認すること。 浮腫等が出たら服用をやめて医師に相談。

20

フリウェル配合錠LD「モチダ」(持田製薬株式会社)

Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル

2).ボリコナゾール[ボリコナゾールの血中濃度が上昇する恐れがある(本剤がボリコナゾールの代謝酵素(CYP2C19)を阻害すると考えられる)]。 プロゲステロンは妊娠の際に沢山出てくるホルモンで、排卵をストップさせる作用があり、エストロゲンは、卵胞が子宮内膜に着床しやすいように、内膜を増殖させふかふかのベッドのように子宮内膜を厚くします。 6.前兆を伴う片頭痛(閃輝暗点を伴う片頭痛、星型閃光を伴う片頭痛等)の患者[前兆を伴う片頭痛の患者は前兆を伴わない患者に比べ脳血管障害(脳卒中等)が発生しやすくなるとの報告がある]。

14

フリウェル配合錠LD「モチダ」

Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル

また、肝腫瘍の破裂により腹腔内出血を起こす可能性がある。 その日は当日分と余っていた1錠と合わせて2錠飲み、 その後は通常通り服用して現在休薬期間5日目ですが出血がありません。

7

医療用医薬品 : フリウェル (フリウェル配合錠LD「モチダ」 他)

Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル

高血圧<軽度高血圧を除く>• 病気や症状に応じた注意事項• 腎疾患• 妊婦・産婦・授乳婦等への投与 妊婦には投与しないこと。 また、腫瘍の破裂により腹腔内出血を起こす可能性がある。

低用量ピルについて

Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル

本剤投与中の器質的疾患を伴う月経困難症患者では、不正性器出血の発現に注意するとともに定期的に内診及び超音波検査等を実施して、器質的疾患の増悪の有無を確認すること。

7

月経困難症治療薬フリウェル配合錠LDとULDの使用にあたって|世田谷区の産婦人科なら冬城産婦人科医院

Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル Ld モチダ 配合 錠 フリウェル

。 ] 重要な基本的注意 本剤を避妊目的で使用しないこと。

10